長期の移動平均線を使ったマーケットタイミング戦略の問題点

前回は長期の移動平均線を使ったタイミング戦略について書かれた論文を紹介しました。シンプルな戦略ながら、ドローダウンを抑えつつリターンを向上させることができるという内容です。

しかし、現実の世界ではそんなにうまく機能しないのではないかという反論もあります。

The Real-Life Performance of Market Timing with Moving Average and Time-Series Momentum Rules

この論文では以下のような問題点が挙げられています。

・移動平均線の数値が最適化されている可能性。

・現実世界で必要な手数料などの取引コスト。

・税金。

・対象期間。どの期間で見るかによってマーケットタイミングの成績は大きく変わる。具体的には、大恐慌、オイルショック、ITバブル崩壊、リーマンショックの4つの下げ相場で非常に良いパフォーマンスだが、それ以外の期間は概してバイ&ホールドを下回っている。

 

以上の問題点はもっともに思えましたが、この論文は内容が難しいうえ結果をシャープレシオで評価していたりして直感的にわかりにくかったです。また、取引コストだけを加えた結果も税金を考慮した結果も掲載されていません。

そこでこの記事では1950年~2014年のS&P500の月足データ(YahooFinanceからダウンロード)を使って、バイ&ホールドと移動平均タイミング戦略のリターンをシンプルに比較してみます。

条件は、月足終値が移動平均線を下回ったときに現金化する戦略、現金時のリターンはゼロ、配当は含まず、というものです。

 

移動平均線の計算に使う月数

6、8、10、12、14、16か月の移動平均線を使ったタイミング戦略のリターンを比較したのが下のグラフです。

f:id:sapa21:20180220202153p:plain

最低リターンは6か月移動平均、最高リターンは12か月移動平均でした。6か月から12カ月までは直線的にリターンが増えており、それ以降は横ばいといった感じです。

最終的な資産額を見ると、最低リターンと最大リターンでは2倍以上の差がついています。ただ、年率換算にするとその差は1.3%です。6か月移動平均のリターンが悪いのを除くと、そこまで違いは出ないかなと感じました。

個人的には、たまに来る下げ相場を避けるという意味ではある程度長期の移動平均線を使う方が理屈に合っていると思います。

 

手数料

上の論文では取引コストを片道0.5%に設定しています。この片道0.5%という取引コストを含めた12か月移動平均のタイミング戦略の結果が下のグラフになります。

f:id:sapa21:20180220202206p:plain

手数料ありの成績は約30%リターンが低下してしまいました。

ただ、取引コスト0.5%というのはちょっと高すぎる気がします。いまはネット証券の手数料が安いですし、流動性の高いETFを取引すれば0.5%ほど大きなコストはかからないのではないでしょうか。

 

税金

20%の税金を考慮した12か月移動平均タイミング戦略の結果が下のグラフです。

税金は利益も損失(還付)も手仕舞いした月に反映する設定です。また、2014年末にマーケットタイミング(税引き)とバイ&ホールドの両方から最終的な税金を差し引いています。

結果は、マーケットタイミングの最終利益はバイ&ホールドを約40%下回ることになりました。

f:id:sapa21:20180220202216p:plain

税金はタイミング戦略にとって大問題です。現実問題として20%の税金が引かれる以上、タイミング戦略でバイ&ホールドのリターンを上回るのはかなり難しくなると思います。

対策としては、使用する移動平均の期間を長くして取引回数を減らすか、確定拠出年金の非課税口座で売買するくらいしょうか。

 

期間別の成績

移動平均のマーケットタイミング戦略は極端な下げ相場に強いものの、平常時のリターンはバイ&ホールドを下回ることが多いという特徴があります。市場が強かった時期と弱かった時期にわけてこの特徴を見てみます。

 

・1950年~1972年の上昇相場

ところどころ現れる下げ相場で両者は近づいていますが、全体的としてマーケットタイミング戦略はバイ&ホールドを下回っています。

f:id:sapa21:20180220202226p:plain

 

・1972年~1982年の横ばい相場

マーケットタイミング戦略は下げ相場をうまく回避しています。この期間は高インフレに一致するため、現金を短期債で運用していればリターンにもっと差がつくはずです。

f:id:sapa21:20180220202235p:plain

 

・1982年~1999年の上昇相場

この期間ではマーケットタイミング戦略が完全に後れを取っており、最終的に2倍以上に差が開いています。とくに87年以降は12年にわたってほぼ負けっぱなしでかなり厳しい結果です。

f:id:sapa21:20180220202246p:plain

 

・1999年以降

ITバブル崩壊、リーマンショックという2大ベア相場があった時期です。2つの暴落を回避したマーケットタイミングの圧勝となっています。

f:id:sapa21:20180220202255p:plain

 

・日経平均株価(配当なし)

せっかくなので日経平均株価に対する12か月移動平均タイミング戦略の結果も見てみます。

1950年~2014年の全期間ではタイミング戦略がバイ&ホールドを上回っています。

f:id:sapa21:20180220202307p:plain

 

・1950年~1972年

この期間は上昇相場ですが、60年代に低迷期間があったためかタイミング戦略もバイ&ホールドに遅れを取っていません。

f:id:sapa21:20180220202316p:plain

 

・1972年~1989年

一本調子の上昇期にはタイミング戦略はバイ&ホールドを下回ってしまいます。15年という期間を取ってもベンチマークに負けるというのは厳しいです。

f:id:sapa21:20180220202328p:plain

 

・1989年~2014年

下げ相場で損失を回避しつつ上げ相場でリターンを出しています。それなりに損失も出していますが、かなりうまくやっているように思います。

f:id:sapa21:20180220202341p:plain

 

感想

移動平均のマーケットタイミング戦略は下げ相場、とくに暴落を回避できるという長所があります。

しかしそれ以外の期間では、下落相場からのリバウンドを取り逃がしてしまう、上昇相場での押し目で売らされてしまう、レンジ相場ではじり貧といったマイナスがあり、全体としてはバイ&ホールドを大きく上回るのは難しそうな気がしました。

また、税金という大きな問題があることから、リターンの面でバイ&ホールドに勝つのはかなり厳しいと思います。

ただ、暴落を回避できるというのは素晴らしいメリットなので、多少の利益を犠牲にしても大きな損失を避けたいという人や、株価が高値圏にあって暴落が怖いという人には良い戦略だと思います。