中国株の2018年決算 自動車

2018年の決算も出たので気になる中国株のバリュエーションを見てみます。今回は自動車・EV関連の銘柄です。

なお、PER、配当利回り、増収率、増益率(税前利益)といった数字はすべて2018年の実績です。データは主に AASTOCKS というサイトを使っています。

 

自動車

2018年は増益の決算が多いですが、19年1Qは各社とも減益です。

北京汽車が-23%減益、広州汽車が-28%減益、長城汽車が-63%減益と不調です。

中国の自動車販売台数は3月まで9か月連続で減少しており厳しい市場環境が続いています。

コード 会社 株価 PER 配当 増収率 増益率
0175 吉利汽車 14.36 8.9 2.4% 14.9% 18.1%
0489 東風汽車 7.04 4.1 5.7% -17.0% -7.7%
1958 北京汽車 5.22 8.3 4.2% 13.2% 96.6%
2238 広州汽車 8.09 6.6 5.4% 44.8% 75.0%
2333 長城汽車 5.97 9.1 5.6% 24.2% 63.1%

 

EV関連

自動車販売台数は低迷していますが、新エネルギー車に限ると1~3月は前年比2.1倍の伸び率です。

BYDの19年1Qは純利益7.3倍と大幅増益でした。ただ、中間予想の純利益1,450百万RMBというのは2017年の水準より低いです。2017年のEPSで計算したPERは30倍程度で割安感はありません。また、BYDは携帯電話部品・組立部門が大きくセグメント利益では4割を占めているうえ、自動車販売の半分程度がガソリン車です。純粋なEV銘柄と言えるかやや微妙です。

ガンフォンリチウムの1Qは前年比で横ばいのレベルでした。4Qに大きく落ち込んだのを挽回しています。1QのEPSを4倍するとPERは12~13倍になります。ガンフォンは川上資源も持ちますがコンバーターとしての比率が大きい会社です。現在はスポジュメン精鉱の価格が大きく下げている一方で、国際的な炭酸リチウム・水酸化リチウムの価格は下げが緩めです。リチウム市場は逆風下にありますが、そのなかではまだましなポジションにいると思います。

洛陽モリブデンの1Qは79%の減益です。コバルト価格がピークの40ドルから半額以下に暴落しており厳しい状況です。

コード 会社 株価 PER 配当 増収率 増益率
1211 BYD 49.80 46.6 0.5% 18.6% -31.6%
1772 江西ガン鋒リ業 12.40 10.1 2.8% 17.2% -41.9%
3993 洛陽モリブデン 2.72 11.0 4.7% 7.5% 69.9%
1585 雅迪控股 2.55 15.4 1.5% 26.3% 6.7%

 

中国株の2018年決算 インフラ関連

2018年の決算も出たので気になる中国株のバリュエーションを見てみます。

今回は電力、高速道路、水処理・廃棄物処理、建設といったインフラ系の銘柄です。

なお、PER、配当利回り、増収率、増益率(税前利益)といった数字はすべて2018年の実績です。データは主に AASTOCKS というサイトを使っています。

 

電力

表の上の4社は従来型の火力発電を主力とする銘柄、下の6社をクリーンエネルギーを主力とする銘柄です。

従来型はここ3年ほど利益の低迷が続いています。ただ、業績は復活傾向で19年1Qも増益決算が出ています。

クリーンエネルギー銘柄のPERは5~6倍が多く割安感があります。業績は銘柄によってまちまちで、成長率も年によってばらつきがあるので予想しにくいです。19年1Qはまだ決算の出ていない華能新能源を除いてどれも小幅な増益か減益でした。

コード 会社 株価 PER 配当 増収率 増益率
0902 華能国際電力 5.02 145.5 2.3% 11.2% -29.6%
0991 大唐国際発電 2.03 24.7 5.7% 12.8% -60.6%
1071 華電国際電力 3.35 22.1 2.3% 11.4% 137.6%
2380 中電国際 2.09 16.5 6.1% 15.5% 32.6%
             
0916 龍源電力 5.40 9.6 2.1% 7.9% 7.9%
0579 京能清潔能源 1.57 5.1 4.9% 10.8% 11.8%
0816 華電福新能源 1.69 6.2 3.9% 9.7% -1.6%
0956 新天緑色能源 2.26 5.9 6.4% 41.3% 44.8%
0958 華能新能源 2.26 6.7 2.2% 9.2% 8.4%
1798 大唐新能源 0.90 5.2 2.6% 17.5% 63.3%
続きを読む

中国株の2018年決算 金融関連

2018年の決算も出たので、中国株の気になる銘柄のバリュエーションを見てみます。今回は金融株です。

なお、PER、配当利回り、増収率、増益率といった数字はすべて2018年の実績です。増益率は税前利益です。データは主に AASTOCKS から取っています。

 

銀行

不良債権の本命ですが、4大銀行は増収増益で堅調な決算でした。PER5~6倍、配当利回り5%前後と割安感があります。ただし、銀行株はずっと割安水準で推移しているので上値はあまり期待できないのかなと思います。

不良債権処理の2社は減収減益でした。トップが汚職問題で失脚した中国華融の業績悪化がひどいです。

コード 会社名 株価 PER 配当 増収率 増益率
0939 中国建設銀行 6.93 6.0 5.1% 6.7% 2.8%
1288 中国農業銀行 3.62 5.3 5.5% 11.0% 5.1%
1398 中国工商銀行 5.89 6.2 4.9% 7.3% 2.1%
3988 中国銀行 3.74 5.5 5.7% 4.1% 3.0%
1359 中国信達資産管理 2.09 6.3 5.2% -10.8% -28.1%
2799 中国華融資産管理 1.68 36.5 0.8% -16.3% -83.6%
続きを読む

5021 コスモエネルギーホールディングス

石油元売の大手3社の一角です。上流の石油開発に強みを持つほか、石油化学も手掛けています。

低PERでスクリーニングするといつも出てくるので少し調べてみました。

 

 セグメント別の売上高と利益

主要3部門(その他は除きます)のセグメント売上高と利益を見てみます。

売上高は石油事業が大部分を占めています。

2017年からは石油化学事業の売上高も増えていますが、これは関連会社だった丸善石油化学を子会社化したためです。

f:id:sapa21:20190415122626p:plain

 

セグメント利益は石油開発事業の比率が大きいです。このセグメントは安定的に利益を出しています。

一方で売上の大部分を占めている石油事業は赤字の年が多く、利益面の貢献はいまひとつです。

ただし、ここ2年に限ると石油事業と石油化学事業の利益が増加しており、石油開発事業の利益は減少しています。

f:id:sapa21:20190415122834p:plain

続きを読む

アメリカの4大航空会社

バフェットが積極的に買っている理由が気になったので少し調べてみました。

 

大手4社による寡占化

かつては過当競争に苦しんでいたアメリカの航空会社ですが、度重なる統廃合によって大手は4社に集約されています。これによって各社は適切な利益を出せるようになりました。

 

データはこちらの記事が詳しいです。

Investing in North American Airlines – Why did Berkshire Hathaway buy airlines anyway?

・大手4社でアメリカ国内線の旅客数・機体数の80%のシェアを持つ。

・座席利用率は大きく改善した。

・2010年以降は各社ともにマージンを確保している(ただし、この時期には原油価格の下落もあった)。

 

下のグラフは Macrotrends というサイトで取得できた大手4社の営業利益率の推移です。近年はどの会社も赤字になることはほとんどなく10%を超える営業利益率も珍しくないといった状況です。

f:id:sapa21:20190408101855p:plain

続きを読む

利回りの高いREIT 3月末

JapanREITの利回りランキング上位のうち、物件売却益と利益超過分配金を差し引いても利回り5%以上ある銘柄をピックアップしました。

下表の予想は会社発表の予想分配金を使った利回り、調整はそこから物件売却益と利益超過分配金を引いた利回りです。調整利回りの高い順に並べています。インフラファンドはREITと分けて下に並べました。

コード 投資法人 決算月 株価 時価総額 予想 調整
3492 タカラレーベン 2/8 92,900 31,993 6.8% 6.8%
2971 エスコンジャパンリート 1/7 105,800 24,103 5.9% 5.9%
3451 トーセイ・リート 4/10 118,100 33,537 6.2% 5.8%
3473 さくら総合リート 6/12 86,700 28,805 5.8% 5.8%
3476 投資法人みらい 4/10 201,600 79,675 5.7% 5.7%
3455 ヘルスケア&メディカル 1/7 112,400 35,019 6.1% 5.6%
8963 インヴィンシブル 6/12 54,700 307,143 6.0% 5.5%
3472 大江戸温泉リート 5/11 85,700 20,263 5.6% 5.5%
3488 ザイマックス・リート 2/8 120,400 27,389 5.3% 5.3%
3470 マリモ地方創生リート 6/12 111,100 14,637 6.2% 5.3%
3468 スターアジア 1/7 109,100 59,112 5.7% 5.0%
             
9281 タカラレーベン・インフラ 5/11 113,700 15,756 6.1% 5.5%
9284 カナディアン・ソーラー・インフラ 6/12 100,000 23,235 7.2% 5.3%
続きを読む

各国株価のトレンドとバリュエーション 2019年3月末

3月末の先進国・新興国の株価指数のトレンドとバリュエーションのチェックです。

・株価データはMSCIから配当込みのGROSS指数を、CAPEやPERはStarCapital、為替は日銀より取得しています。

・株価チャートは2007年末を100として作成しています。月足・配当込み・現地通貨ベースです。

・円ベースの損益は、各国のMSCI指数のドルベースのリターンを日銀のドル円レート(月末値)で円換算しています。データの取得先が違うので多少の誤差が出ます。

 

先進国と新興国

第1四半期の株価は先進国が+12.6%、新興国が+10.0%と大幅高でした。

ドル円レートは終わってみれば前年末とほぼ変わらなかったため、円ベースの成績も先進国+13.0%、新興国+10.3%とほとんど変わりません。

直近1年間のリターンは先進国+4.6%に対して新興国-7.1%と先進国が優勢です。為替は円安に振れているため、円ベースでは先進国+9.1%、新興国-3.1%です。

バリュエーションを見ると、新興国のCAPEレシオやPERは先進国に比べて割安です。先進国のCAPEレシオは25倍近くで割高ですが、PERで見ると17.2倍と標準的なレベルです。

f:id:sapa21:20190330100634p:plain

  CAPE PER 配当 3か月損益 円ベース 1年損益 円ベース
全世界 23.6 16.7 2.6% 12.3% 12.7% 3.2% 7.6%
先進国 24.9 17.2 2.5% 12.6% 13.0% 4.6% 9.1%
新興国 15.8 13.8 3.2% 10.0% 10.3% -7.1% -3.1%
続きを読む

中国ネット株のチェック

テンセントの決算は出ていませんが、僕のウォッチしている中国ネット系ADRの決算が出揃ったのでチェックします。

ティッカー 会社 株価 今期PER 来期PER 増収率 増益率
BABA アリババ 180.63 33.3 26.8 41% 3%
0700.HK テンセント 361 36.5 30.9 24% 22%
BIDU バイドゥ 166.99 18.8 13.9 15% -78%
JD JD.com 28.11 51.1 29.9 22% 赤字
NTES ネットイース 245.03 33.1 26.9 36% 57%
WB ウェイボー 63.25 20.9 17.2 28% 26%
SINA シナ 58.2 16.6 13.2 14% 2%
YY YY 80.7 11.8 9.7 28% -13%
MOMO モモ 36.44 14.0 11.9 50% 11%
BZUN バオズン 35.23 23.8 15.6 41% 31%
WUBA 58.com 60.76 20.0 15.5 31% 15%

※今期と来期PERはYahooFinanceのアナリスト予想の平均EPSを使って計算。

※増収率と増益率は直近四半期の実績。増益率は営業利益。

続きを読む

気になる銘柄のチェック その2

前回の続きで持ち株や気になる銘柄の決算チェックです。今回は金融・不動産を除く内需系の銘柄です。

 

1407 ウエストホールディングス

太陽光発電の工事や電力小売りなど。

1Qは売上高+97%の増収、経常利益は黒字転換です。

セグメントはすべてが好調でした。主力の再生可能エネルギー事業と電力事業の売上高は前年比2倍前後の増収率です。

予想PERは7.9倍、配当利回り3.3%と割安感があります。

電力事業は前年2Qに大きな損失を出していることもあり今期のハードルは低そうです。

続きを読む

気になる銘柄のチェック

決算シーズンも終わったので持ち株や気になる銘柄の簡単な感想を書きます。今回はネット系の銘柄です。

 

2138 クルーズ

低価格ファッションEC。

3Qの取扱高は+19%と前2四半期の+30%前後から減速してしまいました。売上は3Qまで+24%の増収です。

先行投資の段階で今期の予想利益は0です。

予想PSRは0.9倍で同業と比べると低めです。

続きを読む