JD 京東商城 2019年3Q決算

中国を代表するEコマースの大手。直販&マーケットプレイスというアマゾンスタイルの販売方式。

市場シェアはアリババに次いで2位だったが、ソーシャルECの拼多多が逆転したとの報道もある。

 

3Q決算は好調だった。売上高は1年ぶりに+30%近くの成長率となり、営業利益も3四半期連続で黒字となった。

売上高 1,348億RMB(前年比+29%)

営業利益 50億RMB(前年-6.5億RMB)

純利益 6.1億RMB(前年30億RMB)

EPS 0.41RMB

 

四半期ごとの売上高の推移。

3Qの前年比成長率は+29%と再加速している。地方市場での売上が好調で、新規顧客の70%以上をそれらの地域から獲得したとのこと。

売上高の内訳は商品が+27%、サービスが+47%の伸び率。サービスの売上高は全体の12%を占める。3PLと広告が牽引したそうだ。JDロジスティクスの外部顧客の売上高は全体の40%で2年前の20%以下から大きく伸びた。

f:id:sapa21:20191118094555p:plain

 

営業利益の推移。2019年は3四半期連続で黒字を計上している。

Non-GAAP営業利益率は2.2%で、JDリテイルは3.3%とのこと。JDリテイルの純利益率の目標は1ケタ台の後半。

f:id:sapa21:20191118095055p:plain

 

アクティブアカウントは3.34億人。2018年~2019年にかけて低迷していた時期もあったが、3Qは前年比+10%という高い伸び率となった。

モバイルMAUの前年比は+36%、モバイルDAUは+35%とここ5年で最高とのこと。

f:id:sapa21:20191118101150p:plain

 

4Qのガイダンスは売上高の前年比が+21~25%。

通期のnon-GAAP純利益は前回の80~96億RMBから98億RMB~105億RMBに引き上げられた。ただ、3Qまでに既に99億RMB稼いでいる。 

 

現在の時価総額は488億ドル。

過去4四半期の売上高は757億ドルなのでPSRは0.65倍となる。

売上高が20%以上も伸びていること、JDリテイルの目標利益率が1桁台後半ということ、JDロジスティクスの価値といったことを考えると少なくとも割高ではないと思う。

ただ、アリババや拼多多と競争しながらも成長を続けていけるのかはよく分からない。