株式投資のリターンはどれくらいあるのか?

株式投資を始めるにあたっていちばん気になるのは、株を買うことでどれくらいのリターンが得られるかという点でしょう。

この疑問に答えてくれるのがクレディスイスが発行しているグローバル・インベストメント・イヤーブックです。

このレポートには1900年から現在までの主要23か国の株式、債券、短期債の実質リターン(インフレ調整後のリターン)が掲載されています。

下のグラフは、1900年~2016年までの116年間と、1967年から2016年までの50年間の株式の実質リターンです。

f:id:sapa21:20180221222934p:plain

 

まず1900~2016年の期間を見ると、株式の実質年率リターンは、世界5.1%、日本4.2%、アメリカ6.4%、ヨーロッパ4.2%でした。主要国の中で最もリターンが低いのはオーストリアの0.8%、高いのは南アフリカの7.2%です。

 

より参考になりそうな1967~2017年の直近50年間では、株式の実質年率リターンは、世界5.3%、日本4.2%、アメリカ5.8%、ヨーロッパ6.1%になります。最もリターンが低いのはイタリアの1.0%、高いのがスウェーデンの9.4%です。

 

グラフ全体を眺めると多くの国のリターンは、1900~2017年の期間で3~6%くらいの範囲に、1967~2017年の期間で4~7%くらいの範囲に収まる感じです。将来もこのリターンが続くとは限りませんが、他に判断材料がなければとりあえず今後もこれくらいのリターンを前提に投資計画を立てればいいのではないかと思います。

 

※ただし、ここで取り上げられているのはおおむね経済的に成功した国々の話であり、中には株式市場が消滅した国もあることから、もう少し控えめに見積もっても良いかもしれません。

※さらにこれより長期(1629年から2014年)のリターンは Four centuries of return predictability という論文に掲載されています。あまりに長期すぎて意味があるかわかりませんが。この論文についてはこちらにメモを書いています。