5ファクターモデルの世界での有効性

ファーマとフレンチの5ファクターモデルの有効性を国際市場で検証した The Five-Factor Fama-French Model: International Evidence を読みました。

 

対象国は23か国で、北米、ヨーロッパ、日本、アジア太平洋の4地域に分けてリターンを調べています。全銘柄を統合したグローバル市場での成績も載っています。

検証期間は1992年7月~2014年12月です。

 

各地域における、サイズ(SMB)、バリュー(HML)、収益性(RMW)、投資ファクター(CMA)の月次リターンは下のとおりです。

バリュー、収益性、投資の各ファクターは小型株と大型株の成績も書かれています。

f:id:sapa21:20180221132335p:plain

 

結果はこんな感じに書かれています。

 

・サイズは北米のみ有効(t値が2以上で統計的に有意)です。日本はわずかなプラスリターンです。

 

・バリューはすべの地域でかなりのリターンですが、北米のみ有効ではありません。日本のバリュー効果は最も大きく、大型バリューが有効なのは日本だけです。

 

・小型バリューは北米を含めたすべてのマーケットで有効です。

 

・収益性は日本を除く地域でプラスのリターンですが、グローバルを含むすべてのマーケットで統計的に有意ではありません。日本のリターンはマイナスです。

 

・投資はすべての地域でプラスのリターンですが、統計的に有意なのはグローバルとヨーロッパのみです。日本のリターンはほどほどのプラスです。

 

5ファクターモデルの国際市場の結果はおおむねアメリカでの検証結果に近いとのことです。

ただ、収益性ファクターと投資ファクターの有効性はいまひとつ低く、逆にバリューファクターの効果がかなり強くなっています。

日本は、他の地域と違い収益性ファクターがマイナスリターンの一方で、バリューファクターが非常に有効という結果です。