トレンドフォローで損失を回避する

Using Absolute Momentum to Positively Skew Calendar Year Returns という記事に、10か月移動平均によるマーケットタイミングを使うことで年次リターンがどれくらい変わるのかというグラフが掲載されていました。

まずはバイアンドホールドのグラフです。赤はリセッションがあった年、黄色は複数年にまたがるリセッションの最終年です。

リセッションの年はリターンが悪く、景気回復の初期にリターンが高いことがわかります。

f:id:sapa21:20180221131218p:plain

 

次にマーケットタイミングのグラフです。

この記事でのマーケットタイミングは、月の終値が10か月移動平均より上のときに株式で、下のときに米国債券という戦略です。

こちらは-25%を超える損失が無くなっています。

著者によるとリバウンドも捕えているとのことですが、右端の大きな利益はやや減っているように見えます。

f:id:sapa21:20180221131402p:plain

 

この記事にならって日経平均株価(配当なし)でも同様のグラフを作ってみます。

マーケットタイミングには10か月移動平均を使いますが、下回ったときにはキャッシュで保有とします。

 

下がバイアンドホールドのグラフです。

-40%を超える損失が1回、-30%~-40%の損失が1回あります。

f:id:sapa21:20180221131417p:plain

 

次にマーケットタイミングのグラフです。

最大損失は-20%で、-20%を超える損失は1回だけとなりました。ただし、+30%を超える大きな利益も14回から9回に減っています。

f:id:sapa21:20180221131435p:plain

 

両者の累積リターンのグラフです。

2000年以降はトレンドがわかりやすかったのでマーケットタイミングの成績が良いのですが、それまではバイ&ホールドの方が成績は良いです。

f:id:sapa21:20180221131446p:plain

 

感想

アメリカ株でも日本株でも長期の移動平均線によるマーケットタイミングにより年間リターンが大幅マイナスになるのを防ぐことができます。このメリットは本当に大きいと思います。

一方で、マーケットタイミングを使うことで大底からの反発を取り逃がしてしまいますし、税金の面でも不利なので、利益の面での貢献はあまり期待しないほうがいいと思います。

この方法を使うのであれば、利益を増やす目的よりも大きな損失を回避する目的で使うのが良いと思います。