トレンドとバリュエーションの併用

株式市場へのシンプルなアプローチという記事でトレンドとバリュエーションを併用してマーケットタイミングを判断する方法が紹介されていました。

トレンド(月足の10か月移動平均線)とバリュエーション(シラーPER)を組み合わせて上昇トレンド&割安、上昇トレンド&割高、下落トレンド&割安、下落トレンド&割高の4つの領域を作り、その4つの領域のS&P500のリターンを計算するとマイナスリターンになったのは下落トレンド・割高のときだけだったそうです。

f:id:sapa21:20180221124713p:plain

この結果から、現在マーケットのバリュエーションは割高であるものの、株価が崩れて下落トレンドに入るまでは心配しなくていいとアドバイスしています。

 

ところでトレンドとバリュエーションで判断するという戦略はシンプルで良いなと思ったのですが、元記事を見ると対象期間が1900年~2013年となっています。

個人的には戦後のみの成績も知りたかったので、株価とシラーPERをダウンロードして過去50年くらいのリターンも調べてみました。

 

まずはYahooFinanceで取得したS&P500の株価データを使った結果です(シラーPERはシラー教授のHPからダウンロードできます)。

対象期間は1966年~2016年10月までで配当は含まれていません。割高・割安を分けるシラーPERは1966年~2016年の平均である19.8倍とします。

各領域のリターンは以下のとおりです。下落・割高局面を除く3領域でプラスで元記事と似た傾向になりました。

・上昇トレンド&割安局面 8.6%(181か月)

・上昇トレンド&割高局面 9.2%(235か月)

・下落トレンド&割安局面 7.0%(121か月)

・下落トレンド&割高局面 -8.2%(73か月)

 

f:id:sapa21:20180221124726p:plain

 

次に配当込みのリターンも知りたかったので、株価にMSCIのUSインデックス(配当込み)を使ってみます。期間は1971年1月~2016年10月で、シラーPERの分岐点は期間平均の19.7倍です。

こちらも元記事と同じく下落・割高局面以外は大きなプラスとなりました。

・上昇&割安局面 11.4%

・上昇&割高局面 12.4%

・下落&割安局面 9.4%

・下落&割高局面 -2.5%

 

シラー教授のデータにはインフレを調整した実質株価も掲載されているので、それを使ったリターンも調べてみます。期間は1966年~2016年10月で、シラーPERの分岐点は期間平均の19.8倍です。

このケースだと下落・割安局面でマイナスリターンとなってしまいました。

・上昇トレンド&割安局面 7.5%

・上昇トレンド&割高局面 7.2%

・下落トレンド&割安局面 -5.3%

・下落トレンド&割高局面 -6.9%

 

以上のようにどの株価データを使うかによって結果はやや変わってしまいます。

ただ、上昇トレンドであればバリュエーションが割高でも大きなプラスリターンというのは一貫した傾向のようです。