アクティブ投資を分類してみる

アクティブ投資の手法は千差万別ですが、個人的にあえて分類するのであればこんな感じになるのかなと思います。

  裁量取引 システム取引
ファンダメンタル バリュー投資、グロース投資
ウォーレン・バフェット
ピーター・リンチなど
スマートベータ
マクロ・ファンダメンタル マクロ系ヘッジファンド
ジョージ・ソロス
 
テクニカル マーケットの魔術師 トレンドフォロー系CTA
タートルズ
システムトレーダー
その他 裁定取引、アノマリー、IPOなど

 

ファンダメンタル

会社の業績、将来性、バリュエーションなどを分析して投資する手法です。

ウォーレン・バフェット、ピーター・リンチ、フィリップ・フィッシャーなど、裁量ファンダメンタル投資の著名投資家には事欠きません。

ファンダメンタルのシステム取引は一昔前にはあまり見ませんでしたが、最近ではバリューやクオリティなどのスマートベータETFを使った投資が可能になっています。

 

マクロファンダメンタル

景気循環や金利といったマクロ系経済の動きをもとに投資する手法です。

マクロ系ヘッジファンド、グローバルマクロという言葉はよく目にするので、マクロファンダメンタルを使う投資家はそれなりにいるのだと思います。著名投資家ではジョージ・ソロスが有名ですし、FXのキャリートレードもマクロファンダメンタル取引でしょう。

一方でこの分野のシステムトレーダーはあまり耳にすることがありません。

 

テクニカル

チャートの値動きのみで売買する手法です。

少し前まではテクニカルは迷信だと断言する人も多かったのですが、現在ではモメンタムやトレンドフォローの有効性がアカデミックの世界でも発表されています。

裁量取引のトレーダーはマーケットの魔術師などの本で紹介されていますが、テクニカル投資家にはシステムトレーダーも多いです。古くはタートルズなどのトレンドフォロワーが有名ですし、現在は検証ソフトを使ってシステムを構築する個人投資家も多そうです。

 

その他の投資法

裁定取引、アノマリー、IPO、優待投資などが思いつきます。

 

世の中には多くの投資手法がありますが、それぞれ利益を出している人がいるように見えます。

この投資法では儲からないみたいな決めつけをせず、いろいろな手法を試して自分に合った投資法を見つければいいと思います。