25935 伊藤園優先株

伊藤園の普通株と優先株の乖離が大きくなっています。現在は普通株の3,440円に対して優先株は1,967円と42%も割安です。

f:id:sapa21:20180221073917p:plain

普通株と優先株の違いですが、細かい条件を除くと議決権がなく配当は25%高くなるという感じです。優先株の株主も株主優待はもらえます。

議決権にどれだけの価値があるのかはわかりませんが、両者の価値がそれほど変わるとは思えません。配当が大きいのでむしろ優先株の方が高くてもいいくらいだと思います。

 

伊藤園のHPより普通株と優先株の違い

f:id:sapa21:20180221073932p:plain

 

この乖離の大きさを見ると、両者の差がなくなることを前提にした優先株買い-普通株売りというアイデアを思いつきます。

この取引のリスクとしては下のようなものが思い浮かびます。

・両者の差が乖離したままというリスク。普通株と優先株の差が大きいのはおかしいと思いますが、かといって両者が同じ株価に収斂すべきという絶対的な理由はありません。

・スプレッドが縮小するのに時間がかかるリスク。2009年に大きなかい離ができたときには、差がなくなるまでに2年以上かかっています。年利換算したときに割に合わなくなる可能性もあります。

f:id:sapa21:20180221073948p:plain

・コスト。空売りには費用がかかります。SBIの場合、制度信用取引の金利が1.15%、管理費が1か月あたり1株5銭(建玉毎に対する1ヶ月の上限は1,080円、下限は108円)、逆日歩があります。金利と管理費はそれほど大きくないですが、逆日歩が大きくなると厳しくなりそうです。