グローバル市場でのCAPEレシオの有効性

アメリカ市場でのCAPEレシオの有効性について書かれた資料は多いです。では、グローバル市場ではどうなのかと思って検索したところ、いくつか資料が見つかりました。

これらの資料の結論は、どれも米国と同じく長期スパンでのCAPEレシオは有効であるというものです。

ただし、長期データの揃っているアメリカと違って多くの国のデータは1980年くらいからで、CAPEレシオの計算に10年かかるのを考慮するとデータ数はやや少ないかなと感じました。

 

CAPE: Predicting Stock Market Return

各国のCAPEレシオをHPに掲載しているStarCapitalのレポートです。

グローバル市場での検証は15か国が対象です。期間は、アメリカ以外の国が1979年~2013年で、アメリカは1881年~2013年です。CAPEレシオの数字とそれに続く15年の実質リターンを計測しています。

割安なCAPEレシオのその後のリターンは高く、割高なCAPEレシオのその後のリターンは低くなるという結果です。

f:id:sapa21:20180221073420p:plain

 

Global Value : Building Trading Models with the 10 year cape

2012年に発表された Mebane Faber のペーパーです。

グローバル市場は32か国、1980年~2011年の期間におけるCAPEレシオと実質リターンを調べています。

データの国数は、1980年に約10か国、1990年に20か国、2000年に30か国とのことです。

1年、3年、5年、7年、10年の期間のリターンが掲載されており親切です。

CAPEの平均は15~20倍で、下は7倍、上は45倍くらいになっています。低きを買って、高きを売れ、という結果です。

f:id:sapa21:20180221071739p:plain

 

Does the Shiller P/E Work in Emerging Markets?

先進19ヵ国、新興16ヵ国、合計35か国での検証。2012年の論文です。

USやUKは戦前からの長期データ、日本は1966年から、フランスやドイツといった先進国は1980年前後からが多いです。新興国のデータは2000年前後からの国が半分以上となっています。

シラーPEとそれに続くリターンの相関は、先進国・新興国ともに投資期間が60か月(5年)以下では中くらいのレベルですが、それ以上の期間ではだいたい0.7くらいの値になるそうです。

10年実質リターンとの決定係数(R2)は0.2以上の国が多く、多くのモデルの説明力が20%以下なのを考えるとシラーPEは最も信頼できるツールのひとつであるとのことです。