マーケットタイミング

マーケットタイミング戦略を検証している記事

いくつか見つけたのをメモします。 Combine Market Trend and Economic Trend Signals? 株価のトレンドと失業率を組み合わせたマーケットタイミング戦略を検証しています。以下の戦略が比較されています。 ① SPY - 配当調整したS&P500ETFのバイアンドホール…

超長期のデータを使った配当利回りによるリターンの予測可能性

4世紀という長期のデータを使って株式リターンが予測可能かを調べた Four centuries of return predictability という論文を読みました。 ファンダメンタル指標によるリターンの予測可能性を調べた研究はありますが、そのほとんどは近年のアメリカ市場が対象…

トレンドフォローで損失を回避する

Using Absolute Momentum to Positively Skew Calendar Year Returns という記事に、10か月移動平均によるマーケットタイミングを使うことで年次リターンがどれくらい変わるのかというグラフが掲載されていました。 まずはバイアンドホールドのグラフです。…

トレンドとバリュエーションの併用

株式市場へのシンプルなアプローチという記事でトレンドとバリュエーションを併用してマーケットタイミングを判断する方法が紹介されていました。 トレンド(月足の10か月移動平均線)とバリュエーション(シラーPER)を組み合わせて上昇トレンド&割安、上…

長期の移動平均線を使ったマーケットタイミング戦略の問題点

前回は長期の移動平均線を使ったタイミング戦略について書かれた論文を紹介しました。シンプルな戦略ながら、ドローダウンを抑えつつリターンを向上させることができるという内容です。 しかし、現実の世界ではそんなにうまく機能しないのではないかという反…

長期の移動平均線を使ったマーケットタイミング戦略

10か月移動平均線を使ったマーケットタイミング戦略を検証した A Quantitative Approach to Tactical Asset Allocation という論文を読みました。 戦略は非常にシンプルで、月足終値が10か月移動平均線を上回ったら買い、下回ったら売るというものです。たっ…

バリュエーションで株価を予測できるか?

PERの水準がその後の株式リターンを予測するというキャンベル教授とシラー教授の研究は有名です。 この研究で使われた景気循環調整済みPER(インフレ調整をした10年間の利益を使ったPER)は、CAPEレシオまたはシラーPERとして株価の割高・割安を測る指標とし…