投資の勉強まとめ

これまで株式市場について調べたことのまとめとリンクです。

 

株式投資のリスクとリターン

過去50年の株式投資の(インフレ調整後の)年間リターンは4~7%の国が多かったようです。

今後もこの傾向が続く保証はありませんが、投資計画を立てるときはひとまず年間5~6%くらいを株式投資のリターンとして考えておけばいいのではないでしょうか。

 

一方で株式投資のリスクは大きいです。

国や時期にもよりますが株式投資のリターンがマイナスになるのは4年に1度くらいで、厳しい下げ相場では損失は-40~60%にも及び、ときに10年以上にわたって株価が低迷することがあります。

 

アセットアロケーション

株式投資を始めるにあたってまず決めなければならないのがアセットアロケーション(資産配分)です。

ファイナンスの世界では、リターンの大部分はアセットアロケーションによって決まるというのが定説になっています。

どの銘柄を買うかよりも、資産の中で株式をどれくらい持つかの方が重要だということです。

 

アセットアロケーションの中で最も重要なのがリスク資産と安全資産の比率でしょう。この問題に正解はありませんが、自分の満足できるリターンと許容できるリスクを天秤にかけて決めるのが良いと思います。

 

低成長国の日本の投資家として気になるのは、成長率の高い国により多く投資すべきかという問題です。理屈的には経済成長率の高い国の方がリターンは高いように思えますが、実際には明確に断言できるほどの違いはなさそうです。

 

海外資産に投資するとなると為替をヘッジすべきかという問題が出てきます。暴落時に円高に振れることの多い日本の投資家としてはヘッジコストさえなければ為替ヘッジをしたいところですが。

 

アクティブ投資かインデックス投資か

いよいよ株式投資を開始するにあたってアクティブ投資かインデックス投資のどちらかを選ぶことになります。

アクティブ投資は投資するタイミングや銘柄を自分で選びます。インデックス投資は市場そのものを丸ごと買って持ち続ける方法です。

一般的には市場は効率的なので、アクティブ投資によって市場平均を上回るのは難しいというのが定説になっています。

 

しかしながら、インデックス投資の問題はリターンが少ないことです。

株式投資の(インフレ調整後の)年率リターンは5~6%程度ですが、ごく普通の人がこのリターンで大きな資産を築くことはかなり厳しいと思います。

 

アクティブ投資の手法

アクティブ投資の手法は千差万別です。どの手法でも成功している人はいるので、偏見を捨てて自分に合った方法を選ぶのが良いと思います。

 

ファクター投資

有効性がある手法として研究が多いのがファクター投資です。

ファクター投資とは超過リターンを出してきた実績を持つ指標に定量的に投資をする方法で、最近はスマートベータという名前でETFが作られています。

 

下の記事は主なファクターにはこんなのがあるというものです。

 

資料が豊富なアメリカ市場での各ファクターのリターンです。

 

世界市場での5ファクターモデルの有効性を調べた論文もあります。

 

日本市場でのファクターリターンはこちらです。

 

ファクター投資は過去のデータを使った検証では有効ですが、最近は主要ファクターの成績が低下しています。

仮にこの低迷が一時的なものだとしても、過去を振り返るとそれぞれのファクターは10年単位で成績が悪いことがありました。

ファクター投資が有効だとしても、単純に単一ファクターを買っておけば良いというほど簡単な話ではなさそうです。

 

マーケットタイミング

銘柄選択以外のアクティブ投資といえばマーケットタイミング戦略があります。

一般的にはマーケットタイミングは不可能と言う人が多く、この言葉は市場の効率性を否定するものとして嫌われています。

しかし、ITバブル崩壊やリーマンショックといった株価暴落の厳しさを目の当たりにすると、どうしても下落相場を避けたいと思わざるを得ません。

以下に可能性がありそうなマーケットタイミング戦略を紹介します。

 

① テクニカルによるマーケットタイミング

マーケットタイミングとして有効性がありそうなのが長期トレンドによるマーケットタイミング戦略です。

トレンドを使う方法は伝統的には商品先物市場で使われてきましたが、最近になってアカデミックの世界からも絶対モメンタム、タイムシリーズモメンタムとして研究が出てきました。

手法としてはシンプルですが、ボラティリティを大きく減らす効果が期待できます。

 

② バリュエーションによるマーケットタイミング

バリュエーションが割高なときにその後の株式リターンが悪くなり、割安なときに株式リターンが良くなるという傾向があることは、ロバート・シラー教授の研究で報告されました。

ただし、この傾向はあくまでも長期の話であり、今年来年の株価がどうなるかといった短期の予想にはあまり役に立ちません。

また、90年代以降のアメリカ市場は恒常的に平均以上のバリュエーションで推移しており、マーケットタイミングとして機能しているとはいい難い状況です。


①の長期トレンドと②のバリュエーションを組み合わせた方法もあります。

 

③ マクロ経済によるマーケットタイミング

リセッションの時期の株式リターンは平時よりも落ちますし、株価の暴落時にはほとんどの場合リセッションが起きています。よってリセッションを予想することでマーケットタイミングを取るというのはベーシックな方法に思えます。

問題は、リセッションが起きても株価が下がらないこともあること、そもそもリセッションの予想が難しいことでしょう。


 基本的に株価は右肩上がりということもありマーケットタイミングは難しいです。

上に挙げた長期トレンド、バリュエーション、マクロ経済から予想という方法も単純にそれを使ってリターンを上げれるというレベルではありません。

しかし現状では皆が無理だと思っているだけに挑戦しがいのある課題だと思います。