中国のクリーンエネルギー銘柄

中国株二期報を見たときにクリーンエネルギー銘柄に魅力を感じたので少し調べてみました。

クリーンエネルギー銘柄のなかでも龍源電力のPERはやや高めだったので、下の4社を見てみます。4社はいずれも5大電力の傘下の会社です。

0735 中国電力清潔能源

0816 華電福新能源

0958 華能新能源

1798 大唐新能源

 

なお、4社の発電量に占める各エネルギーの割合は以下のグラフのとおりです。

華能新能源と大唐新能源はほぼ風力メインの会社で、他の2社も風力は2~4割を占めています。

中国電力清潔能源と華電福新能源の電力構成は分散されていますが、中国電力清潔能源は天然ガスがメイン、華電福新能源は石炭火力と風力がメインとなっています。

f:id:sapa21:20180810093541p:plain

 

ちなみに中国電力清潔能源の年次報告書によると、中国の2017年の発電量は6,417.9十億kWhで前年比6.5%の増加でした。自然エネルギーの発電はそのうち26.4%を占めています。

エネルギー別では、火力が4,624.4十億kWh、水力1,194.5十億kWh、風力305.7十億kWh、太陽光118.2十億kWhとのことです。前年比では火力+5.2%、水力+1.7%、風力+26.3%、太陽光+78.6%です。

続きを読む

アルベマール決算

2Qの決算が出ています。

前年同期比で売上は+16%増加の853百万ドル、調整EBITDAは+18%増加の258百万ドル、調整希薄化EPSは1.36ドルでした。

2018年のEPSのガイダンスは20~25%引き上げて5.3-5.5ドルとしています。

また、会社は自社の株を割安として、これまで行っていた250百万ドルの自社株買いにさらに250百万ドルを追加しました。トータルで発行済み株式数の4.5%くらいです。

株価は98.77ドルまで上げています。ガイダンスを使った予想PERは18~18.6倍になります。

 

リチウムセグメントは、売上高が+30%増加の141百万ドル、調整EBITDAが+23%増加の141百万ドルでした。

リチウムセグメントの調整EBITDAは全社(その他、コーポレート費用前)の約50%です。

前年比でリチウムの販売数量は+15%増加、販売価格は+12%の増加とのことです。

 

Earnings Call Transcript のメモです。正確な情報はリンク先を参照してください。

・リチウム価格については、2018年はこれまでのレンジにとどまる見通し。

・会社のリチウム取引は長期契約なので中国価格には影響を受けない。

・中国のスポット価格は見ない。関係ない。

・価格下落についての提供できる仮説としては、補助金政策の変更により低グレードの炭酸リチウムが市場価格に影響を与えているのではないか?

・需給についてはバランスしている。

・2019年についての話はまだ早いがいまのところは良い感触。

・需給や価格の面で今後1年に何か変化が起きるとは予想していない。

・今後数年という長期スパンでは数量の面から成長が主で価格は中立的と計画している。

・2018年は50kトン近くの需要増加を見ている。2017年の市場規模は220kトンという推定。

・2025年に市場が800kトンに拡大するとの予想。

 

リチウム銘柄の決算(FMC、ORE、GXY)

FMC

18年2Qの決算は、売上+92%増の1,262百万ドル、調整EBITDA+222%増の371百万ドル、調整EPS+271%増の1.78ドルでした。株価は88.09ドルです。

リチウムセグメントは、売上+46%増の108百万ドル、EBITDA+85%増の51百万ドルです。

前年比でリチウムの販売数量は+22%増加、炭酸リチウムや水酸化リチウムの販売価格は+20%以上になったとのことです。

リチウム価格については上昇がまだ続くと見ているようです。

中国ではスポット価格が下落していますが、これについては6月に施行された中国の補助金政策の変更(短距離→長距離EVへのインセンティブ)の結果として炭酸リチウムから水酸化リチウムへのシフトが起きており、それに伴うプラントの改修や在庫削減を理由に挙げています。

とりありず中国の炭酸リチウム価格はあまり役に立たないという見解です。 

FMCのアルゼンチンのキャパシティは2017年の実績が18Ktで、2018年は21Ktのガイダンスです。また、2019年に30Kt、2020年に40Ktに拡大する計画です。

なお、リチウムビジネスは Livent Corporation として2018年10月に分離上場する予定です。

続きを読む

貿易戦争への対応

ここ最近は貿易戦争が話題になっていますが、このイベントにどう対応すべきかを考えています。

とりあえず現在までにネットで見た情報と現時点での僕のスタンスを書いてみます。

 

関税の状況

・鉄鋼とアルミニウムへの関税が3月に発動。

・7月初めに中国への500億ドル規模の製品に対する25%の関税の一部が発動。

・中国の報復に対して2,000億ドル規模の製品への関税を検討中。

・さらなる報復に対しては3,000億ドル規模の追加関税を行うとの発言。

・輸入車への関税引き上げを検討。

現状では、トランプ大統領の発言はあくまでも交渉材料であり本格的な貿易戦争には突入しないという見方が多いようです。しかし、鉄鋼・アルミに対する関税や中国に対する最初の関税も実現しているので完全に口だけの脅しというわけでもなさそうです。今後は中国に対する追加の関税が実現するかが問題になると思います。

続きを読む

鉱石系のリチウム銘柄 その3

前回・前々回は生産中または生産までの見通しの立っているリチウム銘柄を見ましたが、今回はプロジェクト初期~中期段階の投機的な銘柄を見てみます。

 

鉱石系のプロジェクト一覧はこちらです。

各数字は会社のHPやプレゼンテーション資料から拾っています。最低でも資源量が発表されているプロジェクトを選びました。

f:id:sapa21:20180621093554p:plain 続きを読む

ニッケルの需給と生産会社

EVの普及によって需要増加が予想されるニッケルについてです。

UBSのレポートによると、EV(シボレーボルトEV)普及率100%の世界でのニッケルの需要の増加率は105%とのことです。これはリチウムやコバルトと比べるとかなり小さいのですが、銅やアルミニウムといったメジャーな金属のなかでは最も大きい数字です。

f:id:sapa21:20180222065522p:plain

また、上のグラフはあくまでもシボレーボルトEVが基準の話です。

ニッケルやコバルトは正極材に使われますが、今後は価格の高いコバルトを減らし価格の安いニッケルを増やしていくことが予想されるため、ニッケルの需要もより大きくなると考えられます。

f:id:sapa21:20180712164538p:plain

シェリット・インターナショナルのプレゼン資料

続きを読む

中国株二季報 2018年夏秋号 その3

中国株二季報の夏秋号を読んで気になった銘柄です。今回は内需系の銘柄です。

 

中国国内の上場銘柄

内需系の銘柄はそれなりのバリュエーションで、極端に安い会社はあまり発見できませんでした。 

コード 会社名 株価 PER 配当 増収率 増益率
0546 阜豊集団 3.84 5.1 6.1% 21% 16%
0799 IGG 10.40 8.1 10.3% 37% 40%
2280 慧聡網 6.66 17.0 0.0% 102% 30%
2858 易鑫集団 3.24 27.0 0.0% 58% -101%
2666 環球医療 6.36 8.0 4.5%    
3888 金山ソフト 21.55 17.4 1.0% 38% -58%
3918 金界 7.27 13.8 4.3% 47% 13%
続きを読む

中国株二季報 2018年夏秋号 その2

中国株二季報の夏秋号を読んで気になった銘柄です。今回は自動車や製造業セクターです。

 

自動車

広州汽車、長安汽車、東風汽車といったPER5倍以下というかなり割安な銘柄があります。人気銘柄の吉利汽車もPER10倍弱まで落ちています。

自動車銘柄は減益になる年もあるので、内需系の銘柄に比べると評価がやや難しそうです。不安材料は、外資規制の撤廃や電気自動車の販売比率の義務付けなどでしょうか。

コード 会社名 株価 PER 配当 増収率 増益率
0175 吉利汽車 19.30 10.5 2.6% 25% 27%
0489 東風汽車 8.16 4.2 4.4% 2% 0%
1958 北京汽車 7.12 6.5 4.5% 9% 220%
2238 広州汽車 7.23 4.5 6.9% 26% 22%
2333 長城汽車 5.28 5.1 5.9% 18% 60%
200625 長安汽車 7.10 4.0 7.5%    
600104 上海汽車 34.73 8.8 6.7% 14% 10%

※業績数字は中国株二季報、株価はサーチナファイナンスより取得しています。

※PER、配当利回り、増収率、増益率は今期予想の数字です。人民元と香港ドルの為替レートは調整しています。

※株式分割などで数字がおかしい可能性もあります。

続きを読む

中国株二季報 2018年夏秋号

中国株二季報の夏秋号を読みました。

全体的にはやはり日米より割安な株が多い印象です。国営大企業は成長率2桁でPER5~10倍くらいの銘柄がたくさんありますし、製造業には成長率20%超でPER6~7倍という銘柄もあります。ただ、内需系はそこまで激安な銘柄は少なく、それなりのバリュエーションだと思います。

気になった銘柄ですが、とりあえず今回は金融、電力、インフラ、建設セクターの主要銘柄を一覧にしてみます。

これらのセクターには国営企業が多く、突如取引停止になるリスクも少ないためある程度安心して投資できます。

 

銀行

4大銀行の予想PERは5倍前後で、配当利回りも5~6%あります。業績も悪くありません。評価が低いのは過剰債務問題による不良債権が心配されているのかなと思います。

銀行よりもさらに安いのが不良債権処理の会社です。4大国有資産管理会社の中国信達と中国華融が上場しており、中国信達資産管理が予想PER3.6倍・配当利回り8.2%、中国華融資産管理が予想PER2.7倍・配当利回り9.7%と激安な数字です。

不良債権の中心銘柄ということや、華融資産管理の経営者が汚職で摘発された記事が出ており不安を煽りますが、民間債務削減の政策がビジネスチャンスにつながると考えるなら良い投資対象かもしれません。

コード 会社名 株価 PER 配当 増収率 増益率
0939 中国建設銀行 7.01 5.6 5.4% 11% 9%
1288 中国農業銀行 3.58 4.9 6.1% 8% 8%
1398 中国工商銀行 5.48 5.3 5.6% 10% 7%
3988 中国銀行 3.72 5.2 6.0% 4% 4%
1359 中国信達資産管理 2.21 3.6 8.2% 9% 8%
2799 中国華融資産管理 2.05 2.7 9.7% 12% 13%

※業績数字は中国株二季報、株価はサーチナファイナンスより取得しています。

※PER、配当利回り、増収率、増益率は今期予想の数字です。人民元と香港ドルの為替レートは調整しています。

※株式分割などがあった場合は、数字がおかしい可能性もあります。

続きを読む

気になる銘柄

成長率がそれなりにあって利益率が上がれば割安になるのではないかなという会社です。

 

3169 ミサワ

おしゃれ家具のUnicoを展開している会社です。2018年1月期末の店舗数は51店です。

2009年~2015年の期間は年率20%近い増収率でしたが、2016年から業績が急激に悪化して直近2年は赤字となっています。

今期は7%増収・経常利益181百万円の黒字転換予想ですが、経常利益率は1.8%とかつての8~9%に比べるとかなり低いです。

時価総額は3,363百万円で経常利益率が8%まで回復すればPER6倍程度になります。

1Qは18%増収・経常利益41百万円でした。経常利益率は1.6%です。直近4四半期の増収率は18%→20%→14%→18%と売上は伸びています。あとは利益さえついてきてくれればという感じです。

 

3416 ピクスタ

ネット上で写真素材を販売するストックフォトサイトの大手です。新規事業の出張撮影マッチングサービスのfotowaも大きく伸びています。

売上高の成長率は30%→27%→27%で今期が16%の予想です。1Qは20%増収・経常利益30百万円でした。

主力のPIXTAの販売は前年大口の影響ありとのことで10%程度の伸びにとどまっています。成長株なのでもう少し高い成長率が欲しいところです。

PSRは1.4倍で、経常利益率が10%になれば(3年以上前は9~10%くらいありました)PER20倍程度になります。20%前後の増収率が続けば割安感も出てくると思います。

 

3558 ロコンド

21日間返品無料の靴のオンライン販売サイトを運営しています。

2018年2月期の実績は37%増収・60%経常増益と絶好調でしたが、今期は積極的な広告宣伝投下により10億円の赤字予想を出しています。

中期計画によると、商品取扱高を今期58%、来期50%、再来期33%増加させて300億円に伸ばすとのことです(売上は買取か委託販売かによって変わるため商品取扱高を目標にしています)。営業利益は再来期に30億円という計画です。現在の時価総額が105億円なので実現すれば割安感が出てきます。

靴の市場規模は矢野経済研究所によると1兆4千億円ほどです。ロコンドの商品取扱高は100億円なので拡大余地自体は十分ありそうです。他社との競争に勝てるかは分かりませんが。

 

3633  GMOペパボ

個人向けレンタルサーバーやネットショップ運営支援の会社です。主力事業は安定して伸びていますが、ハンドメイド事業が大きな赤字を出しています。

2017年のセグメント利益は、ハンドメイド事業が1,037百万円の損失、それ以外が2,188百万円の利益となっています。経常利益は172百万円でした。

時価総額は11,005百万円なのでハンドメイド事業の赤字がなくなればPERは10倍台になると思います。

ハンドメイドマーケットのminneは依然として伸びており、上半期は前年比で20%を超える成長率でした。2017年のminneの売上は14億ほどですが、会社は市場規模を海外の会社との比較から1,000億程度のポテンシャルがあると言っています。

1Qの決算は5%増収・31%経常増益でした。経常利益の進捗率が47%と良いのですが、2Q以降にminneのプロモーションを予定しているため通期予想に変更なしとのことです。依然として先行投資のフェーズです。

 

3688 VOYAGE GROUP

アドテクの会社です。

中間決算は7%増収・-32%経常減益でした。今期予想は16%増収・-36%経常減益です。

主力のアドプラットフォームは媒体精査の影響を除くと伸びています。2Q単体は20%増収とのことです。媒体精査の影響は3Qでなくなります。ただ、広告閑散期などの理由で3Qの利益は2Q比で落ち込みを予想しています。

会社は2020年に売上400億円・経常利益30億円を目指すとのことです。

今期は売上高300億円・経常利益12億円の予想で時価総額は144億円です。一昔前は経常利益率が10%を超えていたので、利益率が回復すれば割安感が出ると思います。

ただ、アドテクは全体的にPSRの低い会社が多いですし、決算説明書を見ても事業内容や強みがいまいち理解しにくかったです。

 

3990 UUUM

ユーチューバーの制作サポートをしている会社です。登録者数ランキングでトップ10のうち8チャンネル、トップ100のうち40チャンネルがUUUMに所属しているとのことです。ユーチューブからアドセンスの売上を受け取り、手数料を引いてクリエイターに配分するモデルです。

アドセンス以外には、企業とのタイアップ広告、イベントやゲーム、自社コンテンツなどを手掛けています。3Q単体のセグメントの売上比率は、アドセンスが57%、広告が31%、クリエイターサポートその他が9%、自社サービスが3%となっています。

業績は絶好調で3Qに合わせて大きく上方修正しています。3Qまでの売上高は69.9%の増収・8.4%の経常増益です。経常利益の進捗率は76%です。

PERは83倍と高いのですが、経常利益率が5.3%と低いこともあり、PSRは2.7倍とそれほど高くありません。仮に来期も50%の増収率が続き、経常利益率が10%になればPERは25倍になるという感じです。ただ、アドセンス部門の利益率向上には限界がありそうですが。

ユーチューブ依存、一部クリエイター依存などリスク要因も多そうですが、成長率自体は高いですしゲームなどの関連事業が当たれば面白くなるのではと思います。